グルコラファニンからスルフォラファンへ

「グルコラファニン」は、植物に存在するミロシナーゼあるいは人の腸内細菌によって「スルフォラファン」に変換され、体内に吸収されます。


変換されたスルフォラフェンは、肝臓や身体の細胞内に存在するフェーズU解毒酵素群(G.S.T/Q.R/G.T)を活性化

●GST(Glutathione S-Transferase)
グルタチオンと結合し、カドミウムや水銀といった有害重金属を抱合
●QR(Quinone Reductase)
酸化サイクルの防止・コエンザイムQやビタミンEの再生
●GT(Glucoronsyltransferases)
多くの発ガン物質を不活性化します



参考文献
Sulforraphane and its glutathione conjugate but not sulforaphane nitrile induce UDP-gluchronosy transferase (UGT1A1) and glutathione transferase (GSTA1) in cultured cells
Graham P.Basten, yongping Bao and Gay Willamson Institute of Food Research, Norwich Research Park, Conley Lane, Norwich.NR4 7UA. UK, Carcinogenesis vol.23 no.8 pp, 1399-1401


スプラウトとは / ブロッコリースプラウトの活性成分とは
ブロッコリースプラウトのナチュラル・デトックス / グルコラファニンからスルフォラファンへ
製造装置と安全性
/ 人体に忍び寄る危険因子


 

ウェブサイト利用条件 / プライバシーポリシー