人体に忍び寄る危険因子

肝臓での一連の解毒作用は、体内に入ってきた毒素を無毒化する反応で、その物質は、便、尿、汗となり排泄されます。しかし、体内で毒素が蓄積されてしまった場合、最終的に様々な形で身体に悪影響を及ぼします。
解毒、排泄作用は自然の治癒作用の現われともいえますから、解毒を潤滑に行うことは健康体維持の基本です。


原因



 
毒素の蓄積によって発生しうる体内への悪影響

皮膚:老化によるシミ、そばかす、肌荒れ
脳:老化による痴呆症、脳梗塞
血液:血管の老化、コレステロール過剰による動脈硬化、心筋梗塞
内臓:糖尿(白内障・網膜症)、消化器官の疾患
その他:疲れ、無気力、神経痛、冷え性、慢性疲労、便秘、ガンなどの生活習慣病

※参考文献
「食べてガンを防ぐスプラウト健康法  発芽野菜に秘められた驚異のパワーとは」(河出書房新刊)


 

スプラウトとは / ブロッコリースプラウトの活性成分とは
ブロッコリースプラウトのナチュラル・デトックス / グルコラファニンからスルフォラファンへ
製造装置と安全性
/ 人体に忍び寄る危険因子


 

ウェブサイト利用条件 / プライバシーポリシー